携帯電話とは

商品名

携帯電話(けいたいでんわ)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。
端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。
有線通信の通信線路(電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用する。
無線電話とは異なる。マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもある。

携帯電話の定義

商品名

携帯電話は、移動しながらの通話が可能な電話サービスである。
世界的に見れば、狭義の「電話携帯」の範疇に入れられているものとしては、iDENなどの第二世代携帯電話以降の規格を使っているデジタルMCA無線などの移動体通信携帯端末や、携帯端末に無線免許を要しないUnlicensed Personal Communications Services (UPCS) やPHSやDECTなどの小電力無線携帯端末などがある。
日本では、先行して登場した移動体通信システムである自動車電話からの流れで「携帯・自動車電話」という表現が行政サイドでなされていたが、現在は「携帯電話」になっている。

携帯電話の歴史

第二次世界大戦中にアメリカ軍が使用したモトローラ製の「Walkie Talkie」が、前身といわれる。 しかしこれは、回線を使用していない、トランシーバーである。
携帯電話の構想は、電話機が考案されて間もない頃からあった。電波を使用して無線で通信でき、かつ人間同士が音声にて会話することが夢として描かれていた。
モールス符号を用いる無線電信機は携帯電話の元になる技術であったが、実用化されても爆発的に普及するようになるものだとはこの時点では考えられていなかった。
また、携帯できる電話の開発する具体的な研究は古くから行われてきたが、電波のノイズの問題やバッテリーの問題、また通信速度などの多くの問題により電話機が非常に大型になってしまうため、実現が困難であった。
1960年代になると、両手で持ちながら会話できる程度の大きさまで小さくすることが可能となった。
しかし、まだ重く、短時間の通話でも疲れてしまうものであった。
1970年代になると頑張れば片手で持てる程度の大きさまで縮小することができた。
これは1970年に大阪で開催された日本万国博覧会にワイアレスホンとして出展された。
これは、今で言うコードレスフォンである。1980年代になると事業として成立するようになり、一部の先進国で車載電話機(自動車電話)として携帯電話機の販売、及びサービスが開始された。この頃は固定電話機と比較すると導入価格、通信費用は共に数十倍であり、また通信エリアも都市部に限られていたため、よほどの理由が無ければ導入できなかった。
1978年、“AT&T”と「モトローラ」に実用化実験許可がおりる。
1979年、日本において世界で初めて実用化される。1981年、バーレーンとスカンディナヴィアで実用化。
遅れをとったアメリカもレーガン大統領へのモトローラからの直訴により1981年、実用化がなされた。
1990年代になると普及が進み、本体に液晶ディスプレイが搭載され始めた。
1990年代半ばには通信方式がアナログからデジタルへと移行し、着信音に好みの音楽が設定できる着信メロディや、ポケットベルと連帯した電子メールが使用できるようになった。
1990年代後半にはインターネット網への接続が可能となり、通信速度が向上し、画像やJavaを使用したオンラインゲームなどの利用が可能となった。
2000年代に入ると第三世代携帯電話が登場し、テレビ電話が可能となったほか、パソコンと接続して高速なデータ通信が行えるようになった。
また発展途上国でも爆発的に普及し始め、英調査会社、“Informa Telecoms & Media”の2007年11月29日(英国時間)の発表によれば、世界全体での普及率が5割に達したとされる。

熟女

▲Page Top

ホームページ 無料